MENU

乳酸菌サプリのおすすめは?人気サプリを比較してみた結果

初めまして『乳酸菌サプリの知恵袋』の管理人です。

 

腸内環境の改善に乳酸菌サプリを使いたい。

 

でも、乳酸菌サプリって沢山あるからネット上で紹介されている情報だけ見てもどのサプリを選んでいいかわからないですよね・・・。

 

当サイトでは人気の乳酸菌サプリに含まれている乳酸菌の数・菌種・成分(ビフィズス菌・オリゴ糖など)を比較し、コストパフォーマンスの高いおすすめの乳酸菌サプリメントをランキング形式で紹介しています。

 

乳酸菌サプリを選ぶ時のポイントやよくある質問にもお答えしていますので、乳酸菌サプリ購入前の参考にしてみてください。

 

 

乳酸菌サプリの正しい選び方

乳酸菌サプリも種類が様々でどのサプリを選んだら良いのかわかりづらいですよね。

 

まず、乳酸菌サプリを選ぶときにチェクしたいポイントを解説していきます。

 

乳酸菌サプリ 選び方

  • 乳酸菌の数で選ぶ
  • 菌種の数で選ぶ
  • 一緒に配合されている成分で選ぶ
  • 自分の体に合うものを選ぶ
  • 無添加のサプリメントを選ぶ

順番に見ていきましょう。

 

 

乳酸菌の数で選ぶ

乳酸菌サプリによって菌の量はかなり違います。中には1兆個を超える菌の数を含んだサプリメントもあります。できるだけ多くの量を摂取したほうが効果があると言われていますので、数無いものよりは多くの物を選んだほうが失敗は少なくなります。

 

健康維持をしたいならば20億個以上の乳酸菌を目安にすると良いでしょう。

 

 

菌種の数で選ぶ

各企業から乳酸菌サプリが販売されていますが、フェカリス菌、ラブレ菌、クレモリス菌などサプリによって含まれている乳酸菌の種類は違います。

 

腸内環境は人によって違いますので、必要な菌にも違いがあります。多くの菌種を含んだサプリメントの方が効果が期待できる菌に出会える可能性が高くなります。

 

1つのサプリメントの中で複数の菌株が含まれているものがあるので、菌株の数も考慮に入れていきましょう。

 

 

一緒に配合されている成分で選ぶ

乳酸菌サプリは乳酸菌以外にも食物繊維、カルシウム、オリゴ糖など健康を促進してくれる成分が含まれています。

 

乳酸菌だけを摂取するのではなく善玉菌のエサとなるビフィズス菌、オリゴ糖などの栄養分も一緒に摂取することで効果が期待できます。

 

選ぶポイントで迷った時には自分が足りてないと感じている成分を配合しているものを選ぶのが良いでしょう。便秘がちなのであれば、食物繊維やオリゴ糖が配合されたものがおすすめです。

 

 

自分の体に合うものを選ぶ

乳酸菌は人によって合う合わないがあります。乳酸菌サプリに含まれている菌株はサプリメントによって違いますので、飲んでみて余り効果が感じられないと思ったら別のサプリメントに変更をしてみることをおすすめします。

 

人によって自分に合う菌株は違うので、1つのサプリメントであまり効果が感じられなかったとしても、別のサプリメントも効果が出る可能性はあるのです。

 

 

無添加のサプリメントを選ぶ

厚生労働省は安全性の基準をしっかりと設けて、保存料、香料などの食品添加物の使用を認めていますが、せっかくサプリメントを飲むのなら安全な無添加のサプリを選びたいです。

 

保存料の中には発がん性があるものもありますし、天然のものならば心配なく飲むことができますよね。

 

 

今人気の乳酸菌サプリ!おすすめランキング

乳酸菌サプリ選び方をマスターしていただいた上で当サイトがおすすめする乳酸菌サプリランキングを参考にしてみて購入してみてください。

 

EC-12

  • 1兆個の乳酸菌
  • 生菌+死菌の効果が期待
  • 話題のフェカリス菌
  • オリゴ糖も配合されている
  • 1日あたり約60円

ランキング1位は久光製薬の製薬会社品質の乳酸菌サプリ。

 

腸内の善玉菌と悪玉菌のバランスを整えるためのサプリメントです。なんと1兆個の乳酸菌が含まれています。安心できて低価格なのでかなりおすすめ、2000万袋売れている超人気サプリです。

 

EC-12はあえて死菌を配合しています。加熱処理が行われているので、途中で分解されること無く腸まで届くことができます。死菌にもメリットが沢山あります。生きて届く乳酸菌と死菌のメリットを両方得ることができるサプリメントです。

 

フェカリス菌の1つ『エンテコロッカスフェカリス菌』が使用されており、なんと大きさは普通の乳酸菌の5分の1なんだとか。小さなフェカリス菌を利用することで1兆個の乳酸菌を含むことに成功しています。

 

毎日のスッキリを後押ししてくれるミルクオリゴ糖が配合されています。善玉菌のエサとなり、生きて腸内でしっかりと働いてくれます。

 

菌種 フェカリス菌
乳酸菌量 1兆個
内容量 1g×30袋(1ヶ月分)
価格 1,810円(送料無料)

 

 

スマートガネデン乳酸菌

  • 乳酸菌の菌種で選ぶならナンバー1
  • アメリカで話題のサプリが日本初上陸
  • 美ボディをサポートするアミノ酸
  • 発売2年で100万袋突破
  • 初回料金が破格

ランキング2位は美人通販の乳酸菌サプリ。

 

菌株の量ならこのサプリメントがNo.1。乳酸菌の菌株が23種類含まれています。23種類と510億個の乳酸菌が摂取できるのはこのサプリメントのみですね。

 

発売されて2年ほどで100万袋突破した、多くのメディアでも紹介されている今注目のサプリです。

 

乳酸菌サプリの選び方の1つに菌株が多いものを選ぶという物があるのですが、その点ではこのサプリが一番でしょう。1つの種類しか含んでいないサプリも多い中、菌の量だけではなく、沢山の種類の菌を摂ることができるので、とてもバランスがとれています

 

ガネデン乳酸菌は、アメリカではスッキリ+ボディメイクのサプリとして話題になっていたのですが、日本では始めて配合されたサプリメントとなります。歳を取ると乳酸菌が減ってしまいアミノ酸が作用できなくなってしまうのを助けてくれます。

 

通常のサプリよりも130倍のアミノ酸を含んでおり、ボディメイクをするのにはぴったりです。毎日のスッキリと美ボディをサポートしてくれるので女性にはありがたいですね。

 

初回は540円、送料無料で購入できますのでお得感が高いです。

 

菌種 23種類
乳酸菌量 510億個
内容量 30袋(1ヶ月分)
価格 通常4,400円初回540円(送料無料)

 

 

ヘルスエイド ビフィーナS

  • ビフィズス菌(ロンガム種BB536)が50億個配合
  • ビフィズス菌が生きたまま腸まで届く
  • 便通改善におすすめ
  • 機能性表示食品

ヘルスエイド ビフィーナSに含まれているビフィズス菌(ロンガム種BB536)が腸内フローラを良好にし、便通改善が期待できます。

 

ビフィズス菌(ロンガム種BB536)を摂取することで、排便回数の増加も報告されています。

 

腸内のビフィズス菌は成人すると10%ほど、60歳には1%ほどまで減ってしまいますので、サプリメントで補うのが一番です。ヘルスエイド ビフィーナSでは森下仁丹が開発したカプセルが生きたビフィズス菌を腸まで届けてくれます。

 

機能性表示食品なので安心できるのも特徴的です。機能性表示食品とは、安全性や機能性の根拠に関する情報が販売前に消費者庁に届けられている食品です。

 

有用菌で腸内フローラを良好にし、便通改善したい方におすすめのサプリです。

 

菌種 ビフィズス菌(ロンガム種BB536)
ビフィズス菌量 50億個
内容量 30日分(30袋)
価格 通常3,856円→2,980円(送料無料)初回限定、お一人様一個

 

 

乳酸菌革命

  • 16種類、500億個の乳酸菌が配合
  • 3大乳酸菌を配合(ビフィズス菌・ラブレ菌・ガセリ菌)
  • 有胞子乳酸菌が生きたまま腸に届く
  • 添加物不使用なので妊婦、子供にも安心
  • 定期コースがいつでも辞められる

ランキング4位は健康いきいき倶楽部の乳酸菌サプリ。

 

乳酸菌革命が魅力的なのは16種類と、とても多くの種類の乳酸菌が配合されていること。乳酸菌は人によって相性がありますので、他人には効果が感じられても自分には感じられないということもあるのです。

 

16種類もの乳酸菌が配合されていて、そのビフィズス菌、ラブレ菌、ガセリ菌など一つ一つが主役級の乳酸菌なのも特徴です。60万袋以上も売れているサプリメントで雑誌でも沢山取扱されていますので安心です。

 

胃酸や胆汁に影響を余り受けずに死滅せずに腸まで届くことができる有胞子乳酸菌。カプセルも耐燃性になっているので熱にも強いので安心です。

 

定期コースは送料が無料となり、縛りがなくいつでもやめることができるので始めやすいですね。

 

菌種 16種類(ビフィズス菌、ラブレ菌、カゼリ菌含む)
乳酸菌量 500億個
内容量 62粒入り(1日2粒)
価格 2,730円(送料無料)

 

 

善玉菌のチカラ

  • フジッコが1年かけて試行錯誤した技術
  • 低カロリーなのでダイエットに最適
  • カルシウムが配合されている
  • 低価格で始めやすい

ランキング5位はフジッコの乳酸菌サプリ。

 

カスピ海ヨーグルトの乳酸菌が生きたまま腸に届きます。20億個以上の乳酸菌をカプセル1つで摂取することができます。水に溶かして飲むこともできるのでカプセルが苦手な人でも大丈夫です。

 

カスピ海ヨーグルトのクレモリス菌FC株を1年間の研究期間をかけてカプセルに閉じ込めることに成功しました。フジッコの高い技術が綺麗な腸内環境を取り戻してくれます。

 

1粒たったの0.71Kcalで脂質もほとんどありません。ダイエット中でヨーグルトを食べたくない・カロリーが気になる、そんな方でも低カロリーなので心配ないですね。

 

ホタテ貝のカルシウムが70mgも配合されています。不足しがちなカルシウムを一緒に摂取することができます。カルシウム不足が気になっている方にはおすすめのサプリメントです。。

 

菌種 クレモリス菌FC株
乳酸菌量 20億個
価格 通常1,806円→初回1,088円(送料無料)

 

 

カゴメ・ラブレ

  • 日本人との相性が良いラブレ菌
  • 腸で生き抜く植物性乳酸菌
  • カプセルタイプで1日1粒だけ
  • 料金は高め

ランキング5位はカゴメの乳酸菌サプリです。

 

植物性乳酸菌の中でも腸で生き抜くところが特徴。京漬物『すぐき』のラブレ菌がしっかりと腸内で作用してくれます。他のサプリよりも少々値段は高いのですが、CMなどの影響もあり人気のサプリです。

 

漬物のラブレ菌は日本人にとても馴染みが深いです。ヨーグルトやチーズなどは動物性乳酸菌なのですが、漬物や味噌の乳酸菌は植物性乳酸菌です。日本人が昔から摂取していた植物性乳酸菌を手軽に摂取することができるのがおすすめです。

 

カゴメラブレはしぶとく腸で生き抜くところが特徴的です。腸での生存率が高いラブレ菌を使用することで善玉菌が腸で長く生きてくれます。年齢とともに減少してしまうものですからサプリで上手に摂取したいものですね。

 

フリーズドライ製法で、100億個以上のラブレ菌がカプセル1つに閉じ込められています。カプセルタイプなので持ち運びもし易いですし、とても飲みやすいのが魅力です。

 

菌種 ラブレ菌
乳酸菌量 100億個以上
内容量 1袋30粒
価格 3,762円(送料無料)

 

【その他のおすすめサプリ】

 

プロディア、ビフィズス菌+ミルクオリゴ糖、ラクテクト、ラクトフェリン+乳酸菌、天使のベビーコラーゲン、花菜の選べる乳酸菌、アレルケア、ビオマイン

 

 

乳酸菌サプリをおすすめする理由

腸内フローラ改善に役に立つ

私達の腸内にはビフィズス菌、酪酸菌(宮入菌)など、1000種類ほどの腸内細菌がいて、大きく分けると『善玉菌』『悪玉菌』『日和見菌』という3つの腸内細菌に分類できます。腸内環境はこれら3つの菌の割合で決まってきます。

 

善玉菌・・・乳酸菌、ビフィズス菌などの『体に良い細菌』
腸の運動を促したり、悪玉菌の増殖を防いでくれます。

 

悪玉菌・・・病原性大腸菌、黄色ブドウ球菌などの『体に悪い細菌』
悪玉菌が増えると下痢や便秘などが起こり、肌荒れや老化の原因にもなります。

 

日和見菌(ひよりみきん)・・・どちらにも属さない中間的な細菌
善玉菌、悪玉菌のどちらかが優位になると、そちらに見方をして作用します。人の世界でもこういう人の割合が多いですよね(笑)

 

1000兆個以上の細菌が種類ごとに群れを作ってお花畑のような状態を腸内で作っています。この状態を『腸内フローラ』と呼びます。腸内フローラの理想は『善玉菌:悪玉菌:日和見菌=1:2:7』と言われています。

 

善玉菌が悪玉菌よりも多い状態にすることで、日和見菌を味方につけて、腸内フローラを改善することができるのです。

 

 

乳酸菌サプリなら生きたまま腸に届けることができる

腸内フローラを整えるのに乳酸菌が必要なのは理解していただけたと思います。

 

乳酸菌が多く含まれている食事はヨーグルト、ヤクルトなどの乳酸菌飲料、発酵食品の漬物などです。(納豆菌には乳酸菌を増殖させる効果があるので、納豆も一緒に摂取することがおすすめです。)

 

しかし、胃や十二指腸を通る際に90%以上の乳酸菌は死滅してしまうのです。

 

生きた乳酸菌(プロバイオティクス)は生きて腸に届くことで免疫力を高めてくれます

 

死菌(バイオジェニックス)も腸で作用して善玉菌の餌となり、腸内環境を改善してくれますが、プロバイオティクスは食事からだけでは摂取するのが難しいです。

 

ヨーグルトから摂取することを考えると毎日200グラム〜300グラム摂取する必要がある言われています。

 

ヨーグルトとか、チーズってカロリーがそれなりに高いですし、スーパーやコンビニで買えるプレーンヨーグルトでも450グラムなので、毎日半分食べる必要が出てきます。これでは継続するのが難しいですよね・・・。

 

乳酸菌サプリならば、毎日サプリメントを飲むだけで善玉菌を増やし、腸内フローラを整え、腸内環境を改善することが簡単にできるのです。

 

 

乳酸菌サプリで期待できる効果とは?

乳酸菌サプリ 効果

 

乳酸菌の一番のメリットは腸内環境を整えてくれることです、整腸作用が期待でき、腸の中に乳酸を作り出してくれ、腸内が酸性になることで、善玉菌が増え、悪玉菌が減り、腸内環境が改善します。腸内環境を改善するだけでも、お肌や体の調子が良くなると言われているので、腸内環境と美容健康は切っても切れない問題なのです。

 

善玉菌が増えることで、悪玉コレステロールが増えにくくなり、腸内でビタミンBや酵素などを作り出してくれるようになります。更には、癌の発生リスクなども低くなる可能性もありますし、腸内環境を整えることで、免疫力アップまで期待できます。

 

最近ではテレビなどでも善玉菌の効果が注目されていますよね。乳酸菌サプリはそんな効果がぎっしり詰まったサプリメントなんです。

 

 

乳酸菌サプリはいつ飲むべき?タイミングや飲み方など

乳酸菌サプリ 飲み方

 

乳酸菌サプリはいつ飲むべきなのでしょうか?薬を飲むときは食後がいいって言いますが、サプリメントの場合は飲むタイミングはいつでも大丈夫です。

 

サプリメントは健康補助食品になりますので、特に飲むべき時間や回数などは指定されていません。と言っても、やはり飲み過ぎは良くありませんので少量を毎日継続して飲んでいく必要があります。即効性が有り、すぐに効果が現れるわけではありませんので、毎日の生活リズムの中に取り入れていく必要があります。

 

腸内環境を整えるという意味でも、乳酸菌サプリメントは食後に摂取することをおすすめしています。食後は食べ物などの消化のために胃酸の強さが弱まりますので、生きたまま乳酸菌が腸内に届きやすくなるのです。朝食後でも夕食後でもどちらでも飲みやすい方でいいでしょう。

 

飲むときはジュースやお茶などと一緒に飲むよりはお水で飲んだほうがいいと思いますよ。

 

 

乳酸菌サプリにも副作用はあるの?

乳酸菌サプリ 副作用

 

乳酸菌サプリを飲む時の副作用が気になる方もいらっしゃるようですが、基本的にはサプリメントは薬ではありません。整腸剤や便秘薬などは長期的に飲むことで体に悪影響が出てしまったり、効果が出づらくなったりなどマイナス面も考えられます。

 

体に薬が合わなければ吐き気や頭痛など、そういった副作用はパッケージにしっかりと記載されているかと思います。

 

乳酸菌サプリに関しては健康食品になりますので、そういった副作用は気にしなくても大丈夫です。ただ、体に良いといっても、過剰摂取をしてしまったらどんな成分でも悪影響が出てしまう可能性はありますので注意してくださいね。

 

水は体に無害ですが、毎日10リットルも飲んでしまったらお腹を壊してしまうはずです。それと同じようなものですね。

 

 

乳酸菌サプリは妊娠中の妊婦さんにもおすすめ

乳酸菌サプリ 妊婦

妊娠中の妊婦さんにもおすすめができるのが乳酸菌サプリメントです。安全性が気になるところですが、お腹の赤ちゃんにも悪影響はないと言われていますので安心してくださいね。飲まれる際は無添加のものを選ばれるようにしてください。

 

当サイトで紹介しているサプリメントは無添加で安全なもののみになりますので、妊婦さんでも安心です。

 

特に妊娠初期はお通じが悪くなるという方も多く、腸内環境を改善するためにサプリメントを選ばれる方も多いようです。将来の赤ちゃんの免疫力アップも期待できますので、是非取り入れてみてください。

 

もちろん自分に合うサプリと合わないサプリがあると思うので、合わないと思ったら別のものに変更するか、一度お医者様と相談されたほうがいいかと思います。

 

 

乳酸菌サプリでコスパが高いのはやっぱりコレ

腸内フローラを整えて、腸内環境を改善したいのならばコスパが高い乳酸菌サプリを毎日継続して摂取することが大切です。あまり高額なサプリだと継続することが難しくなってしまいます。。

 

久光製薬のEC12は一兆個の乳酸菌が含まれて2,000万袋の販売実績があるサプリメントになりますので、最初の1つで選択するのにおすすめです。

⇒EC12の公式ページはこちら

 

 

ただ、フェカリス菌しか含まれていませんので、菌種が欲しい方は23種類含まれているガネデン乳酸菌を選択されることをおすすめします。

 

ガネデン乳酸菌も初回は540円と格安なのでコストパフォーマンスが高いです。

 

⇒ガネデン乳酸菌の公式ページはこちら

更新履歴