MENU

乳酸菌とビフィズス菌の違いとは?どっちが重要なの?

わたしたちの腸内で善玉菌として活躍してくれている乳酸菌やビフィズス菌。ヨーグルトにも配合されていて、どちらも有名な善玉菌です。乳酸菌の種類の一つがビフィズス菌でしょ?と思われている方もいるかもしれませんが、実は別のものなのだそうです。

 

ちょっと意外ですよね?

 

そこで、乳酸菌ビフィズス菌は何がどう違うのか、どちらが重要なのかについてまとめました。

 

乳酸菌とビフィズス菌の違いはどこ?

乳酸菌とビフィズス菌の違いはどのようなところにあるのでしょうか。それぞれの特徴を比較してみましょう。

 

乳酸菌 ビフィズス菌 違い

 

 

菌の形が違う

乳酸菌の形は、球状か棒状となっています。ですが、ビフィズス菌は棒状・こん棒状・分岐した棒状の形をしています。

 

 

棲んでいる場所が違う

ビフィズス菌は主にヒト・動物の腸内にしか棲息していません。ですが、乳酸菌は自然界にも棲息をしています。そして、ヒト・動物の腸内にも棲息していますが、牛乳・乳製品、漬物などの発酵食品に棲息しています。

 

 

性質が違う

乳酸菌は酸素がある状態で生育することができますが、ビフィズス菌は酸素のある場所では生育することができません。

 

 

作り出すものが違う

乳酸菌は糖質を分解して、乳酸を作り出します。その割合は消費するブドウ糖を100とすると、生成される乳酸は50以上となります。ビフィズス菌は糖質を分解する際に、乳酸を50以下しか生成できないのですが乳酸以外に酢酸も作り出してくれています。

 

 

乳酸菌とビフィズス菌、どっちが重要なの?

わたしたちの腸内には「善玉菌」と「悪玉菌」が存在しています。腸内環境が整っていると、善玉菌の方が優勢となった状態になっています。乳酸菌とビフィズス菌はともに「善玉菌」ですが、ビフィズス菌は善玉菌の99.9%を占めていると言われています。ビフィズス菌はわたしたちの腸内に欠かせない善玉菌なのです。

 

こういうデータを目にすると「ビフィズス菌の方が重要だ」と思われる方も多いでしょうが、一概にそうは言えません。

 

というのも、乳酸菌にはラクトバチルスやラクトコッカスという菌があり、これらの菌が腸内でビフィズス菌が棲息しやすい環境を作ってくれています。

 

ですから、ビフィズス菌と乳酸菌をバランスよく摂ることが腸内環境を良くすることには大切になってきます。

 

腸内のビフィズス菌は加齢とともに減ることが分かっていますから、ヨーグルトや乳酸菌飲料で上手に補充してあげることがポイントとなります。商品を選ぶ際には、「ビフィズス菌」が配合されているかどうかを確認するようにしましょう。