MENU

乳酸菌と乳酸菌のエサになるオリゴ糖、食物繊維の関係性!

オリゴ糖

 

腸内環境を整えることは、便秘を解消するだけでなく体全体の健康を守るということで重要視されるようになってきました。「善玉菌」や「悪玉菌」といった言葉も知られるようになっていますが、実際にどのように腸内環境を整えれば良いのか、ご存知ですか?

 

実は、「善玉菌」の一種である乳酸菌を摂っていればいい!というわけにはいかないのです。

 

では、どうやって腸内環境を整えればいいのでしょうか。

 

 

乳酸菌について

ヨーグルトや乳酸菌飲料といった乳製品には「動物性乳酸菌」が、ぬか漬けやキムチ・味噌などの発酵食品には「植物性乳酸菌」が含まれています。

 

どちらの乳酸菌も、わたしたちの腸内では「善玉菌」として腸内環境を整えてくれる役割を持っています。

 

乳酸菌が含まれた食べ物を摂取することで、腸内に乳酸菌を取り入れることはできますが、乳酸菌は「生き物」ですからしっかりと働いたり増えたりしてもらうためには「エサ」が必要になります。

 

体に良いからと乳酸菌をせっせと摂取している方もいらっしゃるかもしれませんが、エサとなる栄養源にまで気をつけている方は少ないかもしれませんね。乳酸菌にさらにパワーアップしてもらうために乳酸菌の栄養源となるものも摂取する必要があるということを知っておきましょう。

 

 

乳酸菌のエサとなるもの

乳酸菌はどんなものを栄養源にしているのでしょうか?

 

それが「オリゴ糖」と「食物繊維」です。

 

オリゴ糖は乳酸菌の代表とも言える「ビフィズス菌」の栄養源になります。胃や腸で消化されることなく大腸まで届いてくれるため、腸内でしっかりとビフィズス菌を増やすことができます。

 

食物繊維はビフィズス菌以外の「善玉菌」の栄養源になってくれます。さらに悪玉菌が腸内に作り出した有害なものを排出してくれる役割も持っています。

 

善玉菌を摂取するだけでなく「増やす」ことも考えておかないといけないのですね。

 

オリゴ糖が多く含まれる食品

トウモロコシ・リンゴ・玉ねぎ・アスパラガス・キャベツ・バナナなど

 

食物繊維が多く含まれる食品

大豆・サツマイモ・納豆・海藻類・オクラなど

 

オリゴ糖は砂糖よりもカロリーが少ないため、気軽に摂ることができます。ヨーグルトに混ぜることで乳酸菌と同時に摂ることもできますし、砂糖代わりにコーヒーや紅茶に入れる方も多くいらっしゃいます。

 

また、乳酸菌のサプリメントにも配合されていることもありますので、サプリを選ばれる際にはオリゴ糖が入っているかどうかを確認するのがオススメです。