MENU

乳酸菌サプリでインフルエンザや風邪の予防をしよう

乳酸菌 風邪 インフルエンザ

 

乳酸菌を定期的に摂取することで、インフルエンザや風邪の予防になるということをご存知ですか?

 

乳酸菌というと、ヨーグルトや飲料に入っているイメージがありますよね。それらを摂取するだけで、病気の予防ができるというのはどういうことなのでしょうか。

 

乳酸菌サプリインフルエンザ・風邪の関係について迫ります!

 

 

驚くべき乳酸菌の効果とは?

テレビなどのメディアで乳酸菌の効果が大々的に報じられたのは2012年のことでした。佐賀県・有田市の小中学生約1900人に半年間、R-1乳酸菌の入った飲料を飲んでもらったところ、インフルエンザの罹患率が佐賀県全体の小中学生に比べると1/100になった、というものです。

 

この報道によって、R-1乳酸菌の入った製品が全国的に品薄になりました。ですが、色々な調査をしていくとインフルエンザや風邪の予防に効果があるのはR-1乳酸菌だけでないことが分かってきます。

 

乳酸菌には色々な種類がありますが、どの乳酸菌も腸内環境を整えてくれることはもちろん、体に侵入してきたウイルスへの抵抗力を高めてくれる効果があると言われています。

 

インフルエンザや風邪といった感染症は鼻・喉に付着したウイルスが体内に侵入して症状が悪化していきます。ですが、乳酸菌を摂取していることでウイルスの体内への侵入を素早く阻止し、やっつけてくれる「NK細胞(ナチュラルキラー細胞)」の働きが高まるのです。

 

 

どんな乳酸菌を摂ってもインフルエンザ・風邪の予防になる?

現時点で、インフルエンザや風邪の予防に効果があることが分かっている乳酸菌をご紹介します。

 

R-1乳酸菌

NK細胞の活性化・増強をする効果があります。

 

乳酸菌R-1とは?明治R-1ヨーグルトの効果やLG21との違いを比較

 

L-137乳酸菌

生きた状態よりも加熱殺菌した状態で摂取した方が約1.3倍も免疫活性火力が高い乳酸菌です。

 

L-92乳酸菌

元はアレルギー症状緩和に役立つ乳酸菌として知られていますが、NK細胞の活性化をしてくれる乳酸菌です。カルピスに入っている乳酸菌です。

 

L92乳酸菌はアトピーや花粉症などアレルギーに効果ある?

 

プラズマ乳酸菌

NK細胞だけではなく、免疫細胞の司令塔となるpDCを活性させてくれる乳酸菌です。プラズマ乳酸菌の摂取で、喉の痛みや咳といった風邪の症状やインフルエンザの症状が軽減されることが分かっています。

 

ラブレ菌

栃木県の小学生を対象に調査をしたところ、インフルエンザの流行期にラブレ菌の入った飲料と飲んだ児童はインフルエンザにかかった割合が低かったという結果が出ています。

 

 

乳酸菌には多くの種類があるため、まだまだ研究中のものもたくさん存在しています。個々の体質に合う・合わないということもあるようですから、自分に合った乳酸菌と出会えれば、インフルエンザ・風邪を恐れなくても済むようになるかもしれません。