MENU

植物性乳酸菌と動物性乳酸菌の違いとは?

植物性乳酸菌 動物性乳酸菌

 

腸内環境を整えてくれる働きのある乳酸菌ですが、植物性乳酸菌動物性乳酸菌といった分類があることをご存知でしょうか?名前は同じ「乳酸菌」ですが、色々と違いがありますので、見ていきたいと思います。

 

 

乳酸菌とは?

乳酸菌は細菌の一種です。糖を分解することで乳酸を作ってくれる菌のことです。糖を分解するため、糖がなければ活動をすることができません。

 

植物由来の植物性乳酸菌と動物由来の動物性乳酸菌がありますが、それぞれに人にとって有効な特徴があるため、一概に「どちらがいい」という分け方はできません。

 

 

植物性乳酸菌とは?

植物に由来して発生した乳酸菌が「植物性乳酸菌」です。分解できる糖はブドウ糖・果糖・ショ糖・麦芽糖など多糖類多様で、糖の濃度にかかわらず棲息することができます。また、塩分濃度の濃い場所や栄養の乏しくバランスの悪い場所でも棲息できるのが特徴で、他の微生物とも共存することができます。

 

厳しい環境でも棲息できるため、胃酸や胆汁といった強い酸にも負けることなく生きたまま腸に届くことができます。

 

 

動物性乳酸菌とは?

動物の乳を分解して生きる乳酸菌が「動物性乳酸菌」です。乳糖しか分解することができず、糖の濃度も一定である環境でないと生きることができません。また、栄養が豊富でバランスのいい環境であることも必要です。

 

ほぼ他の微生物と共存することはなく単独で生きており、塩分のあるところでは生きることができない、という少しデリケートな一面があります。

 

酸には弱いため、腸に届く頃には死滅してしまいますが腸内では善玉菌や植物性乳酸菌のエサとなることで、善玉菌を増やすための役に立ってくれます。

 

 

それぞれどんな食品に含まれているの?

では、植物性乳酸菌・動物性乳酸菌がどのような食品に多く含まれているのかを見ていきましょう。

 

植物性乳酸菌が含まれる食品

植物性乳酸菌は「発酵食品」と呼ばれるものに多く含まれています。乳酸菌の発酵のお陰で、食品に独特の酸味があるのが特徴です。日本には発酵食品が多く存在しますが、世界的に見ても植物性乳酸菌を含んでいる食品は多数あります。

 

味噌・しょう油・納豆・漬物・キムチ・ザワークラウト・テンペ・ザーサイ・チャツネなど

 

乳酸菌が多い漬物の作り方やレシピ

 

 

動物性乳酸菌が多く含まれる食品

牛乳やチーズといった「乳製品」に多く含まれているのが動物性乳酸菌です。

 

摂取するのであれば、ヨーグルト・飲むヨーグルト・チーズ・乳酸菌飲料などから摂取することができます。

 

動物性・植物性にこだわらず、乳酸菌を多く摂取することで腸内環境を整えることができますので、意識して摂るように心がけましょう。

 

乳酸菌を多く含む食品をまとめてみました