MENU

乳酸菌とラクトフェリンの違いや共通点とは?

ラクトフェリン

 

腸内環境を整えるのに効果があるものとして有名なのがヨーグルトです。ヨーグルトには乳酸菌がたくさん入っていますが、中には「ラクトフェリン」というものが入っている商品もあります。

 

ラクトフェリン乳酸菌とどう違うのでしょうか?また、共通点などがあるのでしょうか?

 

 

乳酸菌とラクトフェリンの違い

乳酸菌はその名の通り、「細菌」の一種です。胃酸や胆汁といった酸で死んでしまうことがあるものの、基本的には生き物ですので体内でも増えることがあります。

 

ラクトフェリンは牛乳に含まれている糖タンパク質で、鉄と結合しやすいという性質を持っています。タンパク質の一種ですから、私たちの体内に入っても自分たちの力で増えるということはありません。

 

 

ラクトフェリンの効果!どんな働きをしてくれるの?

ラクトフェリンの効果は鉄と結合しやすいため、貧血の改善に役立ちます。また、ラクトフェリンは涙に含まれている成分の一つのため、ドライアイ・疲れ目といった目の症状にも改善が見られます。

 

また、ノロウイルスなどの感染症予防・ピロリ菌を減少させる・ガンの予防などにも効果があることが研究で明らかになっています。

 

乳酸菌サプリはノロウイルス対策にも効果があった?

 

抗酸化作用が高いことも分かってきており、アンチエイジングやダイエットといった美容の面からも注目度が高まっています。

 

乳酸菌はアンチエイジング・老化にも効果ある?

 

牛乳から摂れるため、牛乳に対するアレルギーを持っている方は摂取することができません。また、ラクトフェリンには「熱に弱い」という特徴があるため、加熱殺菌されている通常の牛乳には残念ながら含まれていません。

 

ラクトフェリンを摂取するには、ラクトフェリンが配合されている食品を摂るか、サプリメントを利用するのがおすすめです。

 

ラクトフェリン+ラブレの口コミ評判は?ライオンの乳酸菌サプリ

 

 

乳酸菌とラクトフェリンの共通点は?

乳酸菌とラクトフェリンには共通点もあります。それは「腸内環境の改善に役立つ」ということです。ラクトフェリンも腸内で善玉菌のエサとなることで善玉菌を増やすことに役立ちます。

 

そのほかにも、

  • 免疫力を高めてくれる
  • 感染症の予防に役立つ
  • アレルギーを緩和する

という共通の働きがあります。

 

ラクトフェリンと乳酸菌を同時に摂ることで、お互いがより一層力を発揮してくれることも分かっています。

 

腸内にいる悪玉菌は鉄分を吸収して増えていくのですが、ラクトフェリンが悪玉菌のエサとなる鉄分を結合してしまうため、悪玉菌の力が弱まります。その上で、乳酸菌が善玉菌のエサとなり善玉菌がより一層活発になることで、腸内環境が急激に改善されるという効果があります。