MENU

乳酸菌をとりすぎると下痢やガス発生の原因になる?

乳酸菌 下痢

 

ヨーグルトや乳酸菌飲料に入っている乳酸菌。腸内の環境を整えて便秘を改善してくれる役割があることは有名です。ですが、とりすぎることで下痢ガスを発生することがある・・・という話を耳にしました。

 

お腹にいいはずの乳酸菌も、とりすぎると下痢になったりガスが発生してしまうのでしょうか?

 

 

乳酸菌のとりすぎはNG?

体にいいはずの乳酸菌の入った食品・飲料をとって下痢になるという方、少なからずいらっしゃるようです。下痢の原因が乳酸菌と思ってしまいがちですが、その下痢は乳酸菌によるものではないかもしれません。

 

結論から言うと、乳酸菌自体のとりすぎは体に副作用があるわけではありません。腸内環境を改善するために必要な乳酸菌は1兆個ほどだと言われていますが、ヨーグルト1個あたりに入っている乳酸菌は約100億個と言われています。

 

これほどまでに差があるのですから「とりすぎ」というまで食べる前に体が悲鳴をあげることでしょう。

 

もし乳酸菌を過剰摂取したとしても、そのほとんどが便とともに体外に排出されるので、特に心配はありません。

 

では、ヨーグルトなどを食べて下痢になってしまう人は何が原因で下痢になってしまうのでしょうか。

 

 

乳製品に含まれる脂肪分

ヨーグルトやチーズには乳酸菌が含まれていますが、同時に脂肪分も含まれています。脂肪分をとりすぎると胸焼けを起こしてしまう方がいるように、下痢を起こしてしまう方もいらっしゃいます。

 

 

乳酸菌が作り出す酢酸・乳酸の影響

乳酸菌はわたしたちの体の中で、酢酸や乳酸を作り出しています。乳酸菌そのものが原因ではなく、乳酸菌によって作り出された酢酸・乳酸の影響で腸の活動が活発になり下痢を起こしてしまうことがあります。

 

 

乳酸菌をとるとガスが発生するの?

乳酸菌をとると腸の動きが活発になるのだから、ガスも発生する?と思いがちですが、腸内の環境が整っていればさほどガスは発生しません。むしろ、悪玉菌の多い腸内や便秘がちな腸の方が溜まった便から有害物質が発生してガスが出てしまいます。

 

では、ヨーグルトなどを食べるとガスが出るというのはなぜなのでしょうか?

 

それは「とっている乳酸菌が体に合っていない」ということが考えられます。市販されている乳製品のパッケージを見ると色々な菌の名前が書かれていることが分かります。それらの菌が自分の体質に合っていれば腸内環境も良くなり排便もスムーズになりますが、合っていなければあまり状況は改善されません。

 

また、日本人の体質として乳製品を消化する力が弱いということも挙げられます。そのため、乳製品を多くとると消化しきれなくなり、腸内で過発酵が起きてしまい、ガスが発生しやすくなります。