MENU

花粉症対策に乳酸菌サプリを上手に活用する

花粉症 乳酸菌

 

寒い冬が終わり、ようやく過ごしやすい気候になるかな?と思われる頃には、マスク姿の人たちを大勢見かけるようになりました。風邪の予防ではなく、花粉症対策のためのマスクです。

 

一度発症してしまうと、長い間悩まされることになってしまう花粉症。どうやら、乳酸菌花粉症対策に一役買ってくれるようです。一体、どういうことなのでしょうか。

 

 

花粉症が出てしまうメカニズムは?

私たちの体に異物が入ったら、白血球にある免疫細胞が異物を攻撃してやっつけてくれます。そして、次に同じ異物が入ってきたときに備えて「IgE抗体」というものを作ります。このIgE抗体が異物に対して過剰に反応することで、ひどいアレルギー症状(くしゃみや鼻水)が出てしまいます。

 

また、免疫細胞には「Th1細胞」「Th2細胞」があり、Th1はアレルギー反応を抑える役割・Th2はアレルギー反応を促す役割を持っています。

 

Th1とTh2はバランスが保たれていれば、お互いの力を上手に発揮することができますが、このバランスが崩れてしまうとアレルギーの症状が大きく出てしまうことになります。

 

 

乳酸菌はどのようにアレルギー症状を改善してくれるの?

乳酸菌が腸内の環境を整えてくれることはよく知られています。腸内の環境が整うことで、体内で「IgE抗体」の生成を抑えることができるようになります。

 

また、「Th1細胞」の働きを強めることでアレルギー反応が出にくい体にすることができることがわかっています。

 

 

花粉症に効果のある乳酸菌はどれ?

乳酸菌と一言で言っても、色々な種類があります。特に花粉症対策に効果が期待できるものとしては、以下のものがあります。

 

 

フェカリス菌

スギ花粉症の患者さんに実際に摂取してもらったところ、鼻をかむ回数が減ったり、目のかゆみが改善されるといった効果が見られました。

 

 

L-92乳酸菌

L-92乳酸菌を摂取すると、Th2細胞を活性化させる物質が抑えられることが分かりました。

 

 

KW乳酸菌

マウス実験でTh1細胞とTh2細胞のバランスが良くなったこと、また血中のIgE濃度が低下したことが分かっています。

 

 

ビフィズス菌bb536

花粉症シーズン前から摂取することで、シーズン中のアレルギー症状が抑えられたとの結果が得られています。

 

乳酸菌は摂ってすぐに効果があらわれるものではありません。乳酸菌を摂取して、腸内の環境を変える必要があるため数ヶ月単位で摂取することが必要となります。

 

花粉症シーズンの前から毎日乳酸菌の摂取をこころがけることが、花粉症の症状を改善する第一歩となります。