MENU

乳酸菌サプリの効果が感じられるまでの期間はどれくらい?

乳酸菌サプリ 効果

 

ヨーグルトや乳酸菌飲料に多く含まれている乳酸菌。便秘やインフルエンザの予防に効果があると言われており、多くの方が体調を改善したり整えるために口にしています。サプリで乳酸菌を摂取する方も増えてきましたが、中には「効果がない」と感じている方もいるようです。

 

乳酸菌サプリは摂取してから効果が感じられるまでに、どれくらいの期間が必要なのでしょうか?

 

 

体に合った乳酸菌を探す

乳酸菌と一言で言っても、その種類はたくさんあります。主に乳酸菌は胃から腸へと移動して腸内でビフィズス菌のエサとなり、善玉菌を増やしてくれます。腸の中で悪玉菌より善玉菌の方が優勢になった状態が、健康な腸ということになります。

 

悪玉菌にも色々な種類があり、腸内の環境は人それぞれ違っていますから自分に合った乳酸菌に出会うことが大切になります。いくら乳酸菌を摂取していても自分の腸内環境に合っていないものを摂っていれば効果は表れません。

 

摂取した乳酸菌が自分に合っているものかどうかを知るためには、同じ種類の乳酸菌を継続して2週間ほど摂るのが目安となっています。自分に合っているものであれば、摂取後数日くらいで便の状態や体調が改善されると言われています。もし摂取してから2週間くらい経っても特に変化が見られないようであれば、別の種類の乳酸菌を摂るようにしてみましょう。

 

商品のパッケージに、使用されている乳酸菌の種類が書かれています。自分に合った乳酸菌が何なのかを知るためにも、きちんと確認をするのがポイントです。

 

 

ヨーグルトやヤクルトでお腹がゆるくなる?

乳酸菌にも色々な種類があると書きましたが、大まかに分けると動物性のもの・植物性のものがあります。牛乳から作られているヨーグルトやヤクルトは動物性の乳酸菌が入っています。

 

残念ながら日本人の約8割の方には、動物性乳酸菌を分解するための酵素が不足していると言われています。その酵素が足りていない方は、牛乳やヨーグルト・ヤクルトを摂取するとお腹がゴロゴロいったり、便がゆるくなってしまうことがあります。

 

そのような場合には、無理に動物性乳酸菌を摂り続けるのではなく、自分が乳製品を消化しにくい体質だということを理解する必要があります。そして、植物性の乳酸菌を摂取するようにしてみましょう。

 

植物性乳酸菌は、味噌や漬物・キムチなどに含まれています。動物性乳酸菌で思うような効果が得られない方は、植物性の乳酸菌を摂ってみましょう。市販されている乳酸菌飲料にも、植物性のものが使われている製品(例:ラブレなど)がありますので、ぜひ飲んでみてください。