MENU

乳酸菌の殺菌条件や殺菌温度!死菌でも効果はある?

乳酸菌 殺菌条件

 

私達の腸内環境を整えてくれることで有名な「乳酸菌」。色々な飲料やヨーグルトに配合されていることで知られていますが、良くパッケージを見ると「殺菌」と書かれた商品があることをご存知でしょうか?

 

「乳酸菌は生きていなきゃ意味がないのでは?!」と思われる方もいるかもしれませんが、実は違うんです。

 

乳酸菌の商品に入っている「殺菌」された乳酸菌は、どのような条件で殺菌が行われているのでしょうか。

 

 

乳酸菌が殺菌される条件や温度は?

乳酸菌は生きた状態で私達の体に入っても、胃酸や胆汁といった酸性の環境では死んでしまうこともあり、全てが全て生きたまま腸まで届いているわけではありません。

 

そこで、乳酸菌を配合した商品の一部には初めから殺菌した菌を入れていることもあります。商品向けに殺菌される乳酸菌は酸ではなく温度によって殺菌されています。

 

温度帯によって乳酸菌の活動がどのように変化するのかを見てみましょう。

 

 

0℃以下

乳酸菌は仮死状態になり、活動をしなくなります(=不活性化)。ですが、まわりの温度が1℃を上回ると再び活動を始めます。

 

 

40℃前後

乳酸菌が一番活発に増殖する温度です。

 

 

50〜60℃

数分から数十分ほどで死滅します。

 

 

100℃以上

数秒で死滅します。

 

 

以上のように、乳酸菌は比較的低い温度で死滅してしまいます。乳酸菌飲料で「低温加熱殺菌」と表示されている製品では、50℃以上の温度で乳酸菌を殺菌してから製品に加工されています。

 

 

乳酸菌は殺菌されていても効果があるの?

生きた乳酸菌と殺菌された乳酸菌とでは、効果が違うように思えますが、実はあまり大差がないことも分かっています。

 

むしろ、生きた乳酸菌を商品に配合することで、商品の品質が変わってしまう場合もあります。例えば、アルコールなどに含まれる乳酸菌は生きたままであればお酒の発酵を進めてしまいます。また、生きたままの乳酸菌を使っていると、酸味が増してしまって商品の味わいも変わることが考えられます。

 

生きた乳酸菌を使った製品でも、乳酸菌が腸に届くまでに酸にやられてしまう可能性も多くありますので、実際の効果としては変わりないとされています。

 

乳酸菌は生死にかかわらず、腸内に入ると善玉菌のエサとなりますし、腸内の老廃物や有害物質を体外に排出する働きを持っています。また、免疫細胞を活性化させるという役割についても、菌の生死は変わらないことがわかっています。

 

乳酸菌の生死よりも、自分に合っている乳酸菌を継続して摂り続けることが、体調や腸内環境を整えるのに重要なことなのです。