MENU

乳酸菌の種類の違いや特徴!期待できる効果は違う?

乳酸菌 種類 特徴

 

わたしたちの腸内環境を整えてくれるもの、というと「乳酸菌」を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。ヨーグルトや飲料で乳酸菌を摂取している方もいらっしゃるでしょう。

 

ですが、摂取している乳酸菌の種類や特徴はご存知ですか?実は乳酸菌には200種類以上も種類があるんです。どのような乳酸菌がどのような特徴を持っているのか、違いについて調べました。

 

 

動物性乳酸菌と植物性乳酸菌

まず、乳酸菌は大きく分けると2つに分けることができます。それが、「動物性乳酸菌」と「植物性乳酸菌」です。その名前の通り、植物由来のもの・動物由来のもので分類することができます。

 

それぞれの特徴としては、以下の通りです。

 

 

動物性乳酸菌

牛のミルクなどに含まれる乳酸菌です。糖の濃度が一定の環境でないと生きていくことができません。食塩のある環境でも生きていくことができず、微生物との共存ができないなどデリケートな面があります。

 

 

植物性乳酸菌

和食でおなじみの味噌・ぬか漬け・漬物などに含まれる乳酸菌です。塩分濃度の濃い場所、微生物のいる場所でも生きていくことができます。栄養のバランスが悪い場所や栄養が不足している苛酷な環境で生きていくことができます。

 

植物性乳酸菌と動物性乳酸菌の違いとは?

 

 

有名な乳酸菌の特徴を知ろう

ヨーグルトや乳酸菌飲料のパッケージを見ると、使われている乳酸菌の名前が書かれていることがあります。そこで、よく見かける乳酸菌について特徴や違いを見ていきましょう。

 

 

乳酸菌シロタ株

別名「ヤクルト菌」とも言われる、ヤクルトに使われている乳酸菌です。正式には「ラクトバチルス属カゼイ菌YIT9029株」と言います。体内に入っても胃液や胆汁で死んでしまうことがなく、生きたまま腸に届いてくれます。腸内ではビフィズス菌を増やして腸内の環境を改善してくれます。

 

乳酸菌シロタ株の効果・効能をチェック!免疫力アップする?

 

 

LG21乳酸菌

明治が発見した乳酸菌で、正式名称を「ラクトバチス属ガセリ菌OLL2716株」と言います。他の乳酸菌に比べて胃で生きる力が強く、胃潰瘍や胃がんのきっかけとなるピロリ菌の活動を抑える効果があると言われています。

 

 

L-92乳酸菌

カルピス社が発見した乳酸菌で、正式名称を「ラクトバチス属アシドフェルス菌L-92株」と言います。アトピー性皮膚炎や花粉症といったアレルギーの症状を緩和してくれる働きがあります。

 

L92乳酸菌はアトピーや花粉症などアレルギーに効果ある?

 

 

ラブレ菌

京都で食べられている「すぐき漬け」という漬物から発見された乳酸菌で、正式名称を「ラクトバチルス属コアギュランス菌」と言います。